50代・60代の方でも、モデルのような体型の方は少数派です。
日本人男性の平均身長は50代・60代だと、約170cmほど。
でも、最近の若いメンズ達が背が高くなってきているように、
想像より、50代・60代の平均身長は高いように感じますね。
背が高い場合は、あまり困ることはなさそうですが、
平均より背が低い低身長の男性の場合は、
よりかっこよく見せるため、少し工夫が必要かもしれません。
低身長メンズのNGコーデを知っておくと、
低身長を目立たせたりしてしまうコーデを避け、
スタイルよく見せることができますよ^^
低身長メンズのNGコーデのつのポイント

サイズ感

サイズ感は、男性にありがちないわゆるダボっとしたような服は
低身長が目立ったり、足が短く見えてしまったり、
楽な格好ではありますが、おしゃれにはあまりメリットが
ありません。
上下ともダボダボでもなく、ピチピチでもない、ジャストサイズを
選ぶことがポイントです。
特に、前述したオーバーサイズコーデも、メンズにも
流行していますが、低身長のメンズがしてしまうと、
より小さく見せてしまったり、逆に着膨れ感が出てしまうことも。

着丈

コートなどの着丈については、低身長メンズの場合は、
膝くらいまであるコートを着てしまうと、
どうしても身長の低さが目立ってしまいます。
腰から少し下あたりまでのショート丈だと、
低い身長を感じさせなく、大人系の綺麗めカジュアルだと
ステンカラーコートなどが人気ですが、
できれば太ももあたりまでの着丈だと、スタイル良く見えます。
着丈に関しては、試着してみないと中々イメージがわからないので、
メジャーなどで、自分のサイズを採寸しておくと、
大きな失敗を防ぐことができます。
シャツやニット、トレーナーに関しても、
最近はオーバーサイズ(ゆったりめ)がトレンドになり、
いつものサイズでも、サイズが大きい作りになっていることも。
低身長のメンズは、気にしてみてくださいね。

ボトムス

低身長が目立ってしまう大きな原因がボトムスにあることも。
下(ボトムス)が明るめ、上が暗めにのコーデになると、
足に視線が行きがち。
冬コーデでモノトーンのコートで、
ベージュなどの明るめコーデをする場合もありますが、
低身長のメンズの場合は、下をダークトーン、ダークカラーに
しておくほうが無難かもしれません。

スタイル

ストリート系のファッションは、ルーズでダボっとした
特徴が多いので、サイズ感で見たように、低身長の場合は
逆効果になりがちです。
今はあまりしている人を見かけなくなりましたが、
低身長なメンズの腰パンなどは足が極端に短く見えてしまうので
絶対にNGです。(50代以上では今ではいないですかね笑)
とはいえ、ハイブランドでもストリートの流行は取り入れられているので、
タダのストリート系ではなく、現代風にアレンジされた
ストリート風のスタイルをほどよく取り入れて、
着こなすとよいかもしれませんね。
以上、低身長なメンズの場合のNGコーデでした。
着こなしの参考にしてみくださいね♪
おすすめの記事