60代太めメンズのためのハイブランドファッションコーデとおすすめショップ

最近の60代メンズは、若々しく、一昔前の60代のイメージとは全然違いますね。健康的に年齢を重ね、精神的にも成熟し、落ち着きがある一方、おしゃれで清潔感もあります。
ただ、どうしても体型は気になってしまう方もいらっしゃるかも知れません。60代メンズだとお腹がぽっこりしてしまったり、元気な方はついつい食べ過ぎ、飲み過ぎで恰幅が良くなってしまったり。
個人的にはそれくらいの方が自然体で豪快でいいかな、と思いますが、(もちろん体を壊さない程度にご自愛くださいね)おしゃれに着こなす方法やハイブランドの服の選び方を知りたい!という方のために、選び方や着こなしのコツを見ていきましょう!

太めメンズの着こなしは太めの程度によって3種類

少し太めの場合

体型のラインが出にくい(体の線を拾いにくい)ゆったりした服を選びましょう。
少し太めでお腹周りを目立たなくしてくれるジャケットや羽織る形のシャツもおすすめです。
ゆったり目

ゆったり目 出典:サカゼン

しっかり太めの場合

少し太めの場合と違って、しっかり太めの方がゆったりした服を着てしまうと、マツコデラックスさんのような印象になるかも知れません。綺麗な生地やデザインで女性的な美しさのあるマツコさんだからこそ圧迫感がありませんが、メンズだと圧迫感が逆に出てしまうかも。
ぴちぴちにならない程度の、ジャストサイズの服の方がメリハリが出て清潔感も損いません。
しっかり太め

しっかり太め 出典:サカゼン

また、基本的に、太めの方は白などの膨張色はより太く見えるからダメ!と言われますが、しっかり太めなメンズの場合、真っ黒にしてしまうと、色面積が多くなってしまい、デカくて真っ黒で圧がすごい!ということになってしまうこともあります。
しっかり太めの場合は、白などのカラーも上手に使って、清潔感を出し、太めな体型を活かす着こなしもおすすめですよ。

低身長で太目の場合

低身長で太めの場合は、ゆったり目よりも、足元に向かって細まっていくテーパードパンツなどを利用して、全部がゆったり目な服装にならないようにしましょう。
ジャストサイズでテーパード

ジャストサイズ 出典:サカゼン

また、ソールがしっかりある靴を選び足の長さの印象を長くスッキリと見せると効果的です。サンダルやスニーカーでもソールがしっかりあるものも多く出ているので、夏でもそういった靴選びでスタイルよく見せられます。

太めのメンズに共通のおすすめポイント

ハイブランドを着こなすには、お腹周りをスッキリ見せたいところですが、どうしても年齢とともにお腹がぽっこりしてしまうのは避けられません。(いやすごく頑張れば避けられるかもしれませんが笑)
そんな男性におすすめなのは、お腹周りをキュッと細くしてくれるメンズ用の補正下着!これだけで服が似合うか似合わないか全然違います。
例えば、こちらの下着。
G/h501(ジーエイチゴマルイチ)

G/h501(ジーエイチゴマルイチ)

スタイルアップインナーブランドで有名な株式会社YB-LAB. 様の「グラマラスパッツ」メンズラインGLA/homme(グラオム)G/h501。
コロナ禍における、男性の美容・健康への意識行動が高まる今、ハイウエストタイプの
『オールインワン加圧インナー「グラマラスパッツ」』を男性の方からもご購入いただくケースが増え、「男性でも使用できる着圧スパッツを発売して欲しい」「巷には男性用は筋力アップ系のスパッツしかなく、スタイルアップができるインナーが欲しい」との声が多く寄せられたことから、グラマラスパッツをベースにスタイルアップに特化した「メンズ用着圧スパッツ」を開発いたしました。 
しかも、腰痛予防や冷えやすいお腹を温めてくれて、腹巻きの効果もこっそり期待でき、一石二鳥ならぬ、一石三鳥くらいお得です!(なぜかお腹ってすごく冷えやすいですよね)
お腹周りがスッキリするだけでも、オシャレ度が全然違います!全国のロフト店舗にて販売されるそうなので是非試してみてくださいね。

60代の太めな男性におすすめのハイブランド

RALPH LAUREN(ラルフ・ローレン)
アメリカン・トラディショナルの老舗、ラルフ・ローレン。ニューヨーク生まれのブランドで、サイズ展開も豊富です。トラッド(伝統的)で貴族的な雰囲気のあるラルフ・ローレンはダンディな60代にぴったり。またポロ・ラルフ・ローレンのように嗜みとしてのスポーツのスタイルも多く、アクティブなメンズにおすすめです。
ラルフローレン

ラルフローレン 出典:ラルフローレンHP

LARDINI (ラルディーニ)
イタリアの人気ブランドのラルディーニ。ジャケットの襟に付いた4つの花弁のシンボル( ブートニエール)が有名ですね。1978年創業で比較的若いブランドですが、一気に世界的に人気のブランドとなりました。
イタリアンなセクシーさがあり、上述のアメリカン・トラッドのラルフ・ローレンとはまた違った魅力があります。
ラルディーニ

ラルディーニ 出典:サカゼン

ARMANI (アルマーニ)
イタリアのブランドでは、アルマーニも外せませんね。
年代的にはジョルジオ・アルマーニのラインがおすすめですが、日本の公式オンラインショップにてサイズを調べてみたところ、
例)ジャケット
ジョルジオ・アルマーニ  サイズ46~52まで
エンポリオ・アルマーニ  サイズ46~54まで
と若干エンポリオ・アルマーニのほうが大きなサイズがありました。より多くの人へ向けたエンポリオ・アルマーニは大衆的であると同時にサイズ展開の懐の広さもあるようです。
アルマーニ

アルマーニ  出典:サカゼン

(アクアスキュータム)

60代のしっかりとした太めの男性なら、バーバリーやアクアスキュータムなどの紳士な佇まいながらハウス・チェックと呼ばれるオリジナルの柄で、太め体形で出てしまう「圧」を上品に中和させるのも手です。

バーバリーのほうが日本では有名ですが、最近のバーバリーはラグジュアリーストリートなテイストも多く、ベーシックなアイテム以外は若者向けな印象。それに比べるとアクアスキュータムは良い意味で定番&上品スタイル。一時期はデザインに野暮ったさがありましたが、最近はモダンなベーシックに昇華されていて再注目です!

 

 

ハイブランドで大きめなサイズを探すならこちらのショップがおすすめ!

サカゼン
太めの方の大きな味方!老舗のサカゼン。太めな方だけでなく、ラグビー選手のような筋肉質な体の方も愛用されています。実店舗しかなかった時代とは変わり、オンラインショップも充実しています。並行輸入のブランド品は、日本の公式ショップではないサイズ展開も豊富で、好きなブランドだけどサイズがなくて。。という心配も解決!ブランドやアイテムにもよりますが、公式ショップではXLまでしかなかったけど、サカゼンだと3XL~5XLサイズまでありますよ。
バーバリー

バーバリー 出典:サカゼン

また、スーツなど大き目サイズの人は特にお直しが重要なのですが、細かくサイズのお直しポイントが明記されていて、オンラインショップでも安心して購入できます。

 

伊勢丹メンズ館の★印や阪急メンズ館の●印
ネットで服を探すにも検索のあてがなく、大きいサイズでまずはブランド探しから始めたい!という方におすすめなのは、デパートや百貨店のメンズ館です。自分好みのブランドを決めるのはもちろんのこと、万が一サイズが無い場合にも複数のブランドにあたりを付けておくと安心です。
伊勢丹メンズ館

伊勢丹メンズ館  出典:伊勢丹HPより

特に、便利なのが実地へ赴く前にネットでフロア案内をチェックしておくこと。太めサイズだから無理無理!と諦めてしまいHPすら見ない場合もあるかもしれませんが、実は、伊勢丹メンズ館では「大き目サイズ」の取り扱いがあるショップに★印や、阪急メンズ館では「オーバーサイズ(2XL~)」の取り扱いがあるショップに●印をつけて案内してくれています。是非活用してお気に入りブランドの新規開拓に活用してみてくださいね!
阪急メンズ館 Tokyo

阪急メンズ館  出典:阪急MEN'S TOKYO HPより

以上60代太めなメンズの為のファッションコーデとブランド、おすすめショップのご紹介でした。
ついつい安牌を狙って、一度自分の体に合うブランドを見つけてしまうと新規開拓が面倒になってしまいますが、上手に使い分けてマンネリ化を防いで、無理なく着回しを楽しんでみてくださいね♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事