日本人男性で、60代でおしゃれをしている方は、
少数派なので、是非おしゃれをして、
「今日はどのバッグでいこうかな」とワクワクしてほしい!
そこで、今回は60代に似合うハイブランドバッグについてです。
メンズ バーキン

出典:ピンタレスト エルメス バーキン

還暦を迎え、シニアと言われる年代に突入する60代ですが、
まだまだ現役!人生100年時代と言われる現代では、
かつての還暦とはだいぶ元気度が違うはず。
赤いちゃんちゃんこを着て、
大人しくおじいちゃんをするのはもったいないですね!
60代でも元気!
こだわりのおしゃれをしている方も、
時間に余裕もできたから、
これからじっくりおしゃれを考えている方も、
服と同じくらい、印象を左右するのが、バッグ。
大人の男性ですのでブランドもの、さらにハイブランドの
バッグを検討することも多いかもしれません。
ヴィトン エピレザー

ヴィトン エピレザー

女性に比べればバッグの数や種類は少ないものの、
メンズバッグも多くの展開があります。
バッグの購入を検討する際に
意識しておきたいポイントや、
60代に相応しいバッグとは、どのようなものか
まとめていますので、ぜひご参考にご覧ください。

60代男性のハイブランドバッグの選び方・ポイント

1スタイルでバッグを選ぶ

基本的に60代という年代を考えると、
華美過ぎず、高品質、高級感、そして
ある程度の権威性やセンスを感じられるものがおすすめです。
とはいえ、60代男性といっても、いろいろな方がいらっしゃいます。
現代風アメカジでいい味を出される方もいれば、
紳士なスタイルでダンディな方、あるいは、
メンズ ベスト
スティーブ・ジョブスのように、タートルネックにジーンズといった
シンプルでミニマルながら高品質のものしか着ない、といった
哲学・こだわりのあるスタイルの方もいらっしゃいます。
あるいは、バイクやアウトドアなど趣味を軸に
自分のスタイルがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
アウトドア
ブランド選びでも同様ですが、バッグを購入する際は
自分の個性を確認し、目指したい恰好を
決めておきましょう。
なぜかというと、バッグを選びにいくと、
沢山の種類があり、またハイブランドになると、
バッグ一つ一つが、芸術品のように美しく、
ついつい「バッグ」のみの魅力で選んでしまいがちだからです。
そうなると、普段は現代風なアメカジスタイルなのに、
イタリア製のスーツに合いそうなフォーマルなバッグを
購入してしまったり、
あるいは、紳士なスーツスタイルでダンディな
スタイルを目指していたのに、両手が空くから、と
ボディバッグを購入してしまったり、
バッグ選びの軸がブレてしまうからです。
また、ブランドを先に決めておいて、
そこからどんなバッグを購入するか、というのも、
トータルの着こなしを考えると、重要かもしれません。

2手持ちのアイテムとのコーデ(相性)でバッグを選ぶ

すでにある程度、スタイルが決まっている方は、
手持ちのアイテムとの相性を確認しておき、
コーディネートで活用できるかチェック。
メンズ コーデ
特に、手持ちの靴と鞄の相性は大切です。
鞄と合わせ、新たに靴を購入することもありですが、
予算的にもなるべく今あるアイテムを活用できるほうがベストです。
(とはいえ、お気に入りのバッグが見つかってしまうと、
結局手持ちを無視して、新たな靴も購入する、といった
嬉しくも財布に厳しい? ハプニングも多々ありますが)
60代にふさわしい高級感やある程度の権威性などを考えると、
素材は高品質なレザー、カラーはブラックを
基本のアイテムとして揃え、その後にバリエーションを増やしましょう。

スタイル別 おすすめのバッグの種類とハイブランドバッグ

60代の男性におすすめなバッグは、
カジュアル過ぎず、かといってビジネス用でもない
センスや品位あるアイテムがおすすめです。

スーツスタイル・ジャケットスタイル

1トートバッグ

普段からきれい目なスーツや、ジャケットスタイルで
紳士的なスタイルで大き目なバッグなら
ブリーフケースや、それに近い形の
トートバッグがおすすめです。

出典:ピンタレスト メンズ トート

通常のトートバッグは価格も手ごろで種類も豊富ですが、
カジュアル過ぎたり、若々し過ぎるものも多いので、
ブリーフケースに近い形のトートバッグをすすめる理由です。
例えば、よくあるデザインではありますが、下の画像のような
少し、低価格な見た目の印象で、カジュアル(大学生っぽい)
トートバッグは、60代男性のおしゃれとしては
違和感があるかもしれません。
カジュアルトートバッグ

出典:ピンタレスト カジュアルトートバッグ

かといって逆に、私服のおしゃれに機能面重視の
下画像のビジネスバッグぽくなってしまうと、
オシャレではなくなってしまいます。
(もちろんビジネスバッグとしては問題ありません)

出典:ピンタレスト ビジネスバッグ

難しいバランスですが、カジュアル過ぎず、
ビジネス過ぎないラグジュアリーなトートバッグ。
そう覚えておくと、上品さのあるトートバッグを選べます。
ラグジュアリーとは、直訳すると「贅沢な」「豪華な」
という意味ですが、ファッションで使われる場合は、高級感ある、
デザイン性の高い(もちろん品質も)というニュアンスです。
それにプラス、バッグの場合のラグジュアリーとは、
少し「女性的な」ニュアンスがプラスされます。
通常男性に好まれるバッグは質実剛健で、
直線的なものですが、(ゴツくなりがち)
60代の男性に似合う、ラグジュアリーなバッグは
例えば、持ち手が細かったり、フォルムが曲線的だったり、
優雅さや繊細さがあります。
例えば、このような感じです。

出典:toffandloadstone.jp

出典:guji-online.com

メンズ トート

出典:ピンタレスト

そういった細やかなところが、
バッグ以外のファッション全体に影響を与え、
おしゃれに見えるということですね。
また、体格に合わせ、鞄の大きさを選ぶとよりおしゃれ度が
あがりますよ。体が大き目な方は、持ち手がしっかりとした、
少し大き目なバッグを。体の線が細い人は、持ち手が細く
繊細さのある大き過ぎないバッグを。
体が大きいのに、バッグが小さ過ぎたり、
小柄な方が大き過ぎるバッグは、違和感や子供っぽい印象に
なることもあります。
最近は通販で購入することも増えてきましたが、
やはりバッグは実際持ってみて、姿見で自分の体とバッグのバランスを
確認することが重要です。
通販で購入するときは、寸法を見て、
大き目な紙で同じ面積に切ったり畳んだりしてみて、
大きさのイメージを把握してみても良いかもしれません。
50代男性トートバッグ選びにおすすめのブランド
TOFF&LOADSTONE (トフ アンド ロードストーン)
TOFF&LOADSTONE (トフ アンド ロードストーン)

ブランド名にあるTOFFには洒落者、LOADSTONEには人を惹きつけるもの、という意味があります。クラシカルな真鍮金具や最先端の素材など、相反する要素を現代的な解釈でデザインに落とし込み、モダンに昇華させることが私たちのコンセプト。ものづくりにおける、クラシックとモダンの出会い。
ファッションシーンにあるバッグとして、
一つひとつにストーリーが宿るよう、
美しく新しい存在価値を提案します。

モダンで洗練された、シンプルなレザートートに輝る、
TOFF&LOADSTONEオリジナルの真鍮の金具。

高級感とデザイン性、オリジナリティがおすすめのブランド。
60代の落ち着きのある男性に程よい佇まいがおすすめです。

 

CHAMBORD SELLIER(シャンボールセリエ)
CHAMBORD SELLIER(シャンボールセリエ)
CHAMBORD SELLIER/シャンボール セリエは
60年に及ぶ歴史の中で、エルメスやカルティエ等
フランスの有名メゾンの生産を手掛けていた技術、
クォリティを背景に、2004年よりオリジナルコレクションを発表しました。そのコレクションはシャンポール地方を象徴する馬具を
モチーフにしたディテールが用いられ、
国家認定アルチザン(フランスの人間国宝のような職人)を
含む熟練職人により手縫い仕上げされております。イタリアでもなくイギリスでもない
独特の高貴な雰囲気を持つフランスのバッグです。出典:https://guji-online.com より

 

CHAMBORD SELLIER(シャンボール セリエ)は、
フランスのブランドで、有名メゾンを手掛けていたほどの
クオリティと高貴さがあります。
(お値段も少々値が張ります)
60代の男性には、大人の余裕と落ち着き、そして
社会的な責任を担ってきたという自信の裏打ちとして
権威性も欲しいところ。
そんな、大人の男性に、シャンボール セリエの高貴さは
ぴったりです。有名百貨店やビームスなどのセレクトショップでも
取扱いがあるので、是非ご覧ください。

2クラッチバッグ (ドキュメントケース)

60代の男性なら大人の余裕さと落ち着きのある
紳士さをアピールしたいところ。
上記ではある程度の荷物がある場合を想定したバッグでしたが、
なるべくなら、荷物が少なく、必要最低限のほうが男らしさや
紳士らしさを感じます。
ジョガーパンツ 手ぶら

出典:ピンタレスト

とはいえ、アメカジならいざしらず、スーツやジャケットスタイルで
手ぶらなのも手持無沙汰で、見た目にもしっくりきません。
(財布や身だしなみの道具の収納にも困りますね)
そんな必要最低限の荷物を入れ、かつおしゃれ度を
アップさせてくれるのが、クラッチバッグです。
形によってはドキュメントケースと呼ばれることも。
クラッチバッグ

出典:ピンタレスト

素材も高級感があるものが多く、60代男性におすすめです。
クラッチバッグ

出典:ピンタレスト

クラッチバッグのおすすめブランド
Bottega Veneta (ボッテガヴェネタ)
出典:Bottega Veneta
Bottega Veneta (ボッテガヴェネタ)

ボッテガ ヴェネタはイタリアのファッションブランド。

イタリア・ヴェネト地方の熟練した革職人の伝統、
クラフトマンシップに深く根ざした最高品質のアイテム展開。
バッグ、小物、アクセサリーなど高級皮製品を中心に、
ウェアまでトータルで展開している。

ボッテガ(工房)の名の通り手作業による靴作りを行い、
滑らかなめし革の革紐を用いた編みこみバッグ「intrecciato」や
茶と黒の生地を合わせたマルコ・ポーロのシリーズ、
ポインテッド・ ヒールが有名。

丁寧に作られた革は「シルクのようだ」と評する人もいる。
革紐で編まれたサンダルは、柔らかく、
履くとその人の足型に合わせて伸び、
軽やかにフィットする。

出典:fashionpress[ファッションプレス]

60代の男性にふさわしい、高級感とデザイン性、
洗練されたそのスタイルは、日本製にはないエレガンスがあります。ボッテガヴェネタのバッグや財布を持っている方は
多くいらっしゃいますが、
クラッチバッグは特に、ボッテガヴェネタの
素晴らしいところが凝縮された芸術品。

是非、50代のメンズファッションに添えていただきたい逸品です。

ボッテガ クラッチバッグ

出典:ボッテガ ヴェネタ

 

ただ、60代の男性に気を付けてほしいのは、
同じクラッチバッグでも、
セカンドバッグとも呼ばれるこのタイプ。
セカンドバッグ

出典:ピンタレスト

立体的で、収納的に平面なクラッチバッグより
一見使いやすそうですが、
実は、持った姿はクラッチバッグがぼってりとして見え、
あまりスマートではありません。
ハイブランドであっても、少しガラが悪く見えてしまうことが
あるので、避けた方が無難です。

カジュアルスタイル

スーツやジャケットを着用しない、普段のカジュアルスタイルには、
ショルダーバッグがおすすめ。トートバッグを選ぶ場合は、
なるべくシンプル目で高級感のあるものにしましょう。

1ショルダーバッグ

多くのトートバッグがショルダーバッグにもなる2Wayタイプなので、
ショルダーで使う場合にも、紐部分(ショルダー)が安っぽくないものを
選ぶとよいでしょう。
特にビジネスバッグのトートとショルダーの2Wayに多いのですが、
ストラップが、いかにも「おまけ」程度のクオリティで、
安っぽく見えてしまうもの多くあります。
ザネラート

出典:ピンタレスト

ショルダーバッグのおすすめブランド
ZANELLATO (ザネラート)
ZANELLATO (ザネラート) ポスティーナシリーズ

ZANELLATO(ザネラート)は、1976年に始まったイタリアのレザー専門ブランドです。 イタリアで人気のZANELLATO(ザネラート)は、デパートやセレクトショップをはじめ、ここ最近日本でも注目を集め始めています。

丁寧な作りにこだわり、レザーの質感とあたたかみの溢れるデザインが特徴のバッグ。 イタリアの郵便局が使用するバッグのオフィシャルライセンスを取得して作られたPOSTINA(ポスティーナ)など、ユニークでハイセンスなバッグが揃っています。

出典:BAYMA

 

60代男性に必要な高級感、そしてユーモア。
そんなバランス感覚のあるブランドがザネラート。
程よいカジュアルさもあり、特に名品である
ポスティーナシリーズは、手持ちにしても、
ショルダーにしてもその高級感を損なわない作り。
また、大人の男性に必要な「艶感」があり、
上品なだけに留まらないどこかセクシーな印象が
魅力です。

2カジュアルクラッチバッグ

素材を変えて、レザーではないクラッチバッグなどもおすすめです。
クラッチバッグ カジュアル

出典:ピンタレスト

カジュアルなクラッチバッグの品揃えを、複数ブランド覗いてみたのですが、
伊勢丹オンラインの公式HPが種類が豊富で、60代男性に使いやすい
ベーシックなアイテムが多くありました。
ボディバッグやウェストポーチも
カジュアルスタイル向けではありますが、
ボディバッグ

出典:ピンタレスト

60代のメンズには少し若過ぎる印象であるのと、
高級感のあるデザインが少ないので、
あまりおすすめではりません。
ライダースタイル(バイク乗り)やサイクルスタイル(自転車乗り)、
アウトドアスタイルなど、状況やスタイルに「必要性」がある場合のみ
選ぶほうがよいでしょう。
自転車乗りのメッセンジャー

出典:ピンタレスト

意外と少ない?60代が持てるバッグの種類

あれ?バッグの種類、少ないな、と思われた方も
いらっしゃるかと思いますが、実は、そうなんです。。

メンズのバッグは数多くあれど、
60代男性が持てるバッグの種類は、意外と少ないんです。

リュックはカジュアル過ぎたり、

ビジネスリュック

出典:ピンタレスト

メッセンジャーバッグは若すぎたり。

メッセンジャーバッグ

出典:ピンタレスト

トートバッグも選ぶものによっては
60代男性には若いかもしれません。

もちろん、気にしなければ、なんでも
OKなのですが、せっかくのおしゃれなので、
年齢の魅力を上げてくれるアイテムのほうがおすすめ。

もし、バッグの種類的に「若い」印象なら、
素材やデザイン、カラーで、シンプルながら
高級感あるアイテムなら、上手にコーデに取り入れられます。

が、今回はベーシックに、60代男性に似合う
基本のハイブランドのバッグの選び方をご紹介しました!

また、60代男性の「若い」アイテムの取り入れ方を
取り上げてみようかと思っていますのでお楽しみに!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事