こんにちは!最近はお出かけする機会も少なって、
おしゃれが停滞してしまいがちですが、

おしゃれを楽しむ気持ち、大事にしたいですね^^
さて40代を超えてもおしゃれに気を使っていたはずなのに、

親しい女性やお嬢さまから「ちょっと服装が、、」と痛いアドバイス(指摘)をもらってしまった。。(涙)
なんて悩みは、ファッションに興味がない人にとってはよくあるかもしれません。

 

また、逆に? ファッションにこだわりがあり過ぎて、
イタイファッションになっている場合も。

 

ファッションは奥が深く、流行もあり、
なかなか難しいものです。

 

また40代以降、社会的な地位が高くなったり、婚活があったり、
「人の評価」に関わるファッションは、「見せたい自分」を
正しく伝えるための重要なコミュニケーションツールでもあります。

おしゃれの達人!とまではいかなくとも、
せっかくのファッションが残念なNGコーデにならないよう、

 

また女性に「惹かれる」男になろうとし過ぎて、
「引かれる」男にならないよう、ファッションの匙加減をチェックしていきましょう。

 

【若作り、子供っぽい】

ヒップホップのようなダボダボパンツなど、
若者の服は40代には少し無理目な服装です。

 

人間の「年をとる」という理を超越したセレブならまだしも、
一般の男性には、やはり年相応な服装が好印象。

 

また、チェック柄のシャツ(ギンガムチェック)などは
アメカジなどでも見かけますが、日本人男性が着ると、
子供っぽい印象になりがちです。

あ、そういえばしまむらの男の子服によく見られますね。

 

【サイズがあっていない】

サイズ感、サイジングはおしゃれか、イタイかに大きな影響があります。
少し前は細身が流行っていましたが、細身過ぎたり、

逆に大き過ぎる服は、ダサい印象を与えてしまいます。

ややこしいことに、ブランドごとや、シーズン・流行などによって、
例えば同じLサイズでも全然違うサイズ感になっている場合が
ほとんどなので、「いつもLサイズだから」と、自分の体にフィットしていない服を
知らず知らずに来ているかもしれません。

あくまでサイズは参考までに。通販などで試着出来ない場合は、
身幅や着丈などのサイズ表もチェックしましょう。

特に、40代以降は体のサイズにも変化があるので
自分の体(バスト、ウェスト、ヒップなど)をメジャーで計っておくことは
おしゃれなサイズ感には不可欠です。(面倒ですが失敗が大きく減り、お得ですよ)

 

【派手、強烈な個性、キャラクターもの】

人の目を引きたい!それは誰しも? が持つ欲望です。
しかし、本能のままアピールしてしまっては逆効果かもしれません。

 

ブランドを見せつけ過ぎていたり、コーディネートを無視して全部ブランドだったり、
成金のようなイメージになってしまうと、せっかくのブランドも台無しかもしれません。

 

あくまで、トータルのコーディネートとしてアクセントにブランドを活用しましょう。
ブランドとはまた違いますが、キャラクターものもなかなか難しい。。

 

最近ではグッチ×ドラえもんなどコラボもありましたが、
よほどおしゃれに自信がある方以外は避けた方が無難かもしれません。

よくNGな例として香水の付け過ぎもあげられます。
香水も自分の雰囲気にあったもので、あくまで香りを「纏う」程度にしましょう。

(最近はマスクをしているので、ついつい付け過ぎてしまう場合も!)

 

【TPOを大切に】

これまたファッションの難しいところ。TPOによって、
正解だったコーデもイタイNGコーデになってしまうことも。

 

極端な例ですが、アウトドアにスーツジャケットなど、
オシャレと思って着ていったら、「そんな服で何もしないつもりかしら」
と思われてしまいますね。

あるいは、デートや婚活、女性とのお出かけで、
男性だけ普段着、カジュアル過ぎる恰好だったりすることも、
状況や相手に合わせられない大人、と悪い印象を与えてしまいます。

 

【清潔感がない、服の汚れ、劣化など】

服の捨て時は難しいかもしれませんが、服にシミや汚れ、
あるいはほつれなどの劣化があるものは、
清潔感のないイタイ印象に。

 

汚れや劣化がなくとも、いつも同じ服だったり、長年同じ服を着ているのも
NGコーデかもしれません。定番のアイテムでも、スタイル(形)は変わっているもの。

逆におしゃれで清潔感があっても、いつも毎回同じ服だと、
「ずっと同じ服だな」とつまらない印象、さらには毎回同じ格好で
怖い!とイタイとはまた違ったNGコーデになってしまうかもしれません。

 

同じように、ビジネス服をプライベートに使いまわすことも避けましょう。

以上、女性から引かれる40代の痛いNGファッションについてでした。
相手からどう思われるかな? と想像することもファッションでは大切ですね。

 

ついつい、似合っているかどうかで考えてしまいがちですが、
(あるいはそもそも関心が少なかったりするかもしれませんが)

一緒に行動する人を思いやれる大人の男性のファッションを目指しましょう!

おすすめの記事