50代の普段着におすすめアイテム、テーラードジャケット

50代の男性の方は普段着に何を着ればよいか、
意外と悩ましいかもしれません。

普段スーツだと普段の洋服選びにはなおさら
困るものですよね。

おしゃれと書かれているものは、
大抵若者向けだったり、
とはいえ、スーパーの紳士服売り場の
普段着だと、急に老け込んで見えてしまいそうなものが多いような。。
(気持ち的にもスーパーで買ってしまったら、
おしゃれな感じがしないのかもしれません笑)

 

50代の普段着は、普段着でもかっちりときれいめ

では、50代の男性は普段着はどんな格好が良いのでしょうか。

50代という年齢を考えると、
プライベートな時間でも
ある程度かっちりとした服装をした方が、
年相応の落ち着きと余裕を感じさせてくれるので、
ビジネス服ではない、きれいめのカジュアルな服装がおすすめです。

きれいめの服装とは、シンプルに
ジャケットとパンツスタイルで、
インナーにはシャツやニットを合わせたような
清潔感と若作りではなく、爽やかな印象の服装です。

きれいめな恰好だと、あまり年齢や流行に影響されず、
おしゃれにも見えるので、特に50代になるとおしゃれを
まったくしなくなる男性も多い中、ちょっとがんばるだけでも、
とてもおしゃれに見えてしまうかもしれませんね。

もし、きれいめな恰好でジャケットを購入するなら、
テーラードジャケットがおすすめです。

 

テーラードジャケットとは

テーラードジャケットとは、
ビジネスのスーツジャケットではなく、
紳士服仕立ての~という意味のテーラードで、
私服として着用できるジャケットの一種です。

ビジネスでもジャケットを着ているので、
わざわざ、私服でもジャケットも買うなんて
損をしている気がするな、という方もいらっしゃるかもしれませんが、

実はテーラードジャケットと、
ビジネススーツジャケットとは、
デザインが違い、ビジネススーツのジャケットを
私服と合わせると、その小さなデザインの違いが、
とてつもなくダサいものになってしまいます。
(普段、仕事でオフィスカジュアルでテーラードジャケットを
利用している方は問題ありません)

テーラードジャケットを購入する場合、
それなりのお値段がするので、
「まずは試しに」と
ついつい通販で安いものを購入してしまう場合もあるかもしれませんが、

ジャケットはサイズ感が大切なので、
できれば購入予定のブランドのサイズ感が
分かるまではショップで購入するのがおすすめです。

テーラードジャケットの購入はショップで

ジャケットの適切なサイズは、最初は分かりづらいので、
(大き過ぎてもシルエットが野暮ったくなり、
小さ過ぎても動きづらくなります)
いろいろとコツがありますが、覚えるより
店員さんに聞いてみた方が早く、

実際、一度体感してみると適切なサイズ感も分かります
また、既成品の場合、どうしても体形など個人差もあるので、
袖やウェスト、あるいは丈など、お直しや
セミオーダーできるお店もあるので、利用してみても良いでしょう。

テーラードジャケットの種類とコーデ

150代にふさわしいテーラードジャケット

先ほど、テーラードジャケットは、
年齢に影響されない、と記載しましたが、
50代にふさわしい、素材や柄、カラーなどで、
逆に年齢にふさわしい印象を出すことも可能ですよ。

例えば、こちらの濃いめのブラウンのテーラードジャケット。

50代テーラードジャケット
出典:pinterest

若い人には着こなすことが難しいカラーですが、
50代の男性のシブさにはぴったり。

 

テーラードジャケットの素材は季節によって変わる

また、テーラードジャケットは、春夏と秋冬で
素材が変わってきます。

春夏は、コットンやリネンなど、
吸湿性、通気性、発散性に優れた素材。

コットン ジャケット
出典:pinterest

上の写真は、コットン素材で、また2021年流行の
グリーンを使ったジャケットコーデ。

 

 

秋冬は、ツイードやフランネルの素材。
ツイードはハードな織りのウール生地で
保温性があり、少しざっくりした肌触りです。

 

フランネルはウールを起毛加工した暖かく
やわらかい肌触り。見た目に鮮やかさがあり高級感もあります。

 

どちらも、秋冬ならではの素材で、
ジャケットのみならずファッションには
よく秋冬には素材に奥行がでる、とも言われます。

ツイード ジャケット
出典:piterest

素材はカラーとともに、ジャケットの印象を
大きく左右するので、素材で季節感を出すのもおしゃれですね。

是非、テーラードジャケットを着こなして、
おしゃれ上級者の50代になりましょう!

 

 

おすすめの記事