Fashionzine TOPへ ポスト スニーカーブランドには一生モノとしての覚悟を

    スニーカーブランドには一生モノとしての覚悟を

    38010
    シェア

    街に繰り出せば、OLを除きヒールシューズは目にすることは少なくなった。

    さて、スニーカーをどういった感覚で見ているだろうか。
    スニーカーはヒールやドレスシューズに比べ、「消耗品」としての見方が強い。

    スニーカーは比較的安価であるし、ヒールや革靴に比べ、メンテナスにかける時間が少ない。ソールが減れば買い替え、スエード部分が汚れれば買い替え、気付けば靴棚が同じようなスニーカーでいっぱいということも。

    人間は、物を得るとき、その対価を支払う。
    10万円かけて作ったスニーカーを1万円で買っても、1万円同等の使い方しかしない。逆に1万円かけて作ったスニーカーを10万円で買ったらどうだろうか。

    その人の価値観にもよるだろうが、後者の方がずっと大切に扱うはずだ。
    極端の例だが、ファッションブランドはそこには見えない9万円分の付加価値を付けて販売する。

    今回は、価値あるスニーカーブランドと、そのメンテナンスについて取り上げる。

     

    SPALWART


    スニーカーブランドⅠ スパルウォート

    heirloom-sneakers-preparedness1
    heirloom-sneakers-preparedness2
    heirloom-sneakers-preparedness3

    スロバキア発のスニーカーブランド。軍用シューズを生産する廃棄された工場を再稼働させ、当時の機械をそのまま使用して製造されるシューズは、どこかミリタリーテイストを帯び、片意地はらないリラックスしたスタイルを生み出します。

    http://spalwart.com/

     

    COMMON PROJECTS


    スニーカーブランドⅡ コモンプロジェクツ(ト)

    heirloom-sneakers-preparedness4
    heirloom-sneakers-preparedness5
    heirloom-sneakers-preparedness6

    Common Projects(コモンプロジェクツ)は、ニューヨーク在住のアートディレクター、Prathan Poopat(プラサン・プーパット)と、イタリア在住のクリエイティブディレクターであるFlavio Girolami(フラヴィオ・ジローラミ)によってスタートしたブランド。全てのシューズにゴールドのシリアルナンバーが施されており、厳選された素材から作られるスニーカーは他の追随を許しません。

    http://www.commonprojects.com/

     

    Erik Schedin


    スニーカーブランドⅢ エリックシェディン

    heirloom-sneakers-preparedness7
    heirloom-sneakers-preparedness8
    heirloom-sneakers-preparedness9

    スウェーデンはストックホルム発のブランド、エリックシェディン。日本での展開はほとんどなく、コムデギャルソンシャツ(COMME des GARCONS SHIRT)とのコラボレーションしたことで一躍有名になった。

    http://erikschedin.com/

     

    AXEL ARIGATO


    スニーカーブランドⅣ アクセルアリガト

    heirloom-sneakers-preparedness10
    heirloom-sneakers-preparedness11
    heirloom-sneakers-preparedness12

    2014年にスタートしたエリックと同じく、スウェーデン発のブランド。立ち上げから2年にも関わらず、既に多くのセレクトショップで取り扱いがある。日本では取り扱い店舗は無いが、ブレイク目前の要注目ブランドだ。

    https://axelarigato.com/

     

    FEIT


    スニーカーブランドⅤ フェイト

    heirloom-sneakers-preparedness13
    heirloom-sneakers-preparedness14
    heirloom-sneakers-preparedness15

    スニーカーと革靴の中間を走る、新しいスニーカーを提唱するFEIT。全てのアッパーは1枚革で形成され、ハンドソーイングで仕立てられています。スリッポンからブーツまで、そのディテールは唯一無二の存在です。

    http://www.feitdirect.com/

     

    クリーナーは「ジェイソンマーク」


     

    heirloom-sneakers-preparedness16
    heirloom-sneakers-preparedness17
    heirloom-sneakers-preparedness18

    紹介したいクリーナーブランドはたくさんありますが、これさえ抑えておけば間違いないでしょう。クリーナーにブラシが付属し、キャンバス、カーフ、スウェード、ヌバックとありとあらゆる素材をカバーします。

    http://jasonmarkk.com/

     

    スニーカーを買ったらまず「シューグー」


     

    heirloom-sneakers-preparedness19
    heirloom-sneakers-preparedness20
    heirloom-sneakers-preparedness21

    スニーカーの寿命を判断するにソールは一番の材料となるのではないでしょうか。新品の段階でシューグーを使えばその寿命は半永久的なものとなります。シューグーが擦り減ればまた上から付け足せば良いのです。

    http://shoegoo.co.jp/